Featured Members-注目の会員
素晴らしい仲間達

元気な74歳

今アメリカンヘルスクラブで一番元気なのは新田善孝さん(74歳)。真っ黒でピカピカの愛車、センチュリーで午前中に決まったようにジムに現れ、元気なあいさつで練習を始める。小柄ではあるが年齢を感じさせないハードな練習を2時間行いながながら、高校生や若い女性、ビルダーとも会話を交わし、アメリカンヘルスのムードメーカーです。先日芸術関係の建物への取材があった時、「何歳ですか?」とレポーターが尋ねたら「47歳です」と答えるユーモアもお持ちです。

新田さんが入会された2年前は、中性脂肪が少し多い事だけが欠点でしたので、3ケ月で解消し、以後健康体でのトレーニングによって、若者と変わらないような効果があるので本人も驚き、この効果に最近では自信に満ち溢れたムードで練習を続けています。

新田さんのように「病気と診断される前に、ボディビルを始め、(正しく筋肉に刺激を与える)をはじめ問題点の元を運動で正常にしよう。
肩がこりやすい、背筋がこわばる、腰がだるいなどを感じるように成ってきたら、正しい運動を行い、血圧、血液の成分、血糖値などを正常にする努力をとしましょう。」
正常な血液の流れている人は病気など寄せ付けません2006/02/04

まず最初に紹介したい皆さん
1968年4月1日に姫路ボディビルセンターとしてスタートして以来、1978年10月に健康の大切さを訴えるためにアメリカンヘルスクラブへと改名、1986年11月23日、新ジム移転など、ジムと播磨地方のボディビル37年間の歴史と共に、13,000日あまりの日が過ぎました。
この長いようで短いような日々を、苦しい時も楽しい時も共に体験しながら忍耐強く30年以上ボディビルを続けてきた8名の素晴らしい仲間達を紹介したいと思います。


まず、東海林徹選手61歳は1966年、私が川崎でホ゛ディビルを始めた学生時代からの仲間で、卒業と同時に開業した姫路のジムに移り、姫路のボディビル普及の起爆剤として協力してくれました。
選手としての成績も圧巻で、子供の頃は虚弱体だった彼が全日本5位、ミスターアポロ、社会人青年の部、ミスター関西などのタイトルを数多く手中にしています。中でも、社会人マスターズにおいては40歳から現在の61歳にかけて20年間に10数回の優勝を遂げるなど、全国大会のトップコンデションを長年にわたり維持している素晴らしいボディビルダーです。
努力家の彼は今でも、誰よりも出席日数が多く、ジムの催し、ポージング講習会なども一番うまいはずなのに毎回参加して真面目に勉強しています。何をとっても、姫路No1の真面目なビルダーです。

2番目は西山嘉一選手60歳
。若い頃はパワーでも活躍し、体重の3倍の挙上に成功し、当時のベンチ県大会新記録を樹立した程です。コンテストでも減量が成功したときは東海林二世と言われるくらいバランスの良い選手で、コンテストに復活したここ数年も大会に出れば流れるような華麗なポーズを武器に2位、3位と素晴らしい成績を勝ち取っています。

3番目には東藤茂正選手51歳、中学2年生よりボディビルに憧れ、アメリカンヘルスクラブに通い続けた彼は、あまりの熱心さにお母さんより受験前だけでもボディビルを休ませるよう頼まれた程です。その後も彼の人生のすべてをアメリカンヘルスクラブが管理しなければならないようなことになり、ジムが住処か?と思わせるボディビル漬けの会員。

4番目に木村強志選手55歳
。22歳の頃より東海林選手に負けないくらいの出席日数で、30年過ぎた今も毎日ジムに来れば彼の顔を見ることが出来る忍耐の男。彼も25年前は大会でカッコ良いポーズをとっていました。近い将来大会にカムバックしてもらいたいものです。


東海林 徹さん 61歳
1968年5月1日入会
トレーニング暦37年

西山 嘉一さん 60歳
1969年1月23日入会
トレーニング暦36年

東藤 茂正さん 51歳
1969年2月3日入会
トレーニング暦36年

木村 強志さん 55歳
1972年5月11日入会
トレーニング暦33年

河本 忍さん 64歳
1974年1月17日入会
トレーニング暦31年

大森 信利さん 53歳
1974年3月1日入会
トレーニング暦31年

俵 美紀男さん 56歳
1974年3月12日入会
トレーニング暦31年

三木 孝重さん 53歳
1975年12月22日入会
トレーニング暦30年


5番目に河本 忍選手64歳。15年ほど大会は休んでいましたが、最近再び選手として目覚め、青年のような活気で老後を選手になりきって謳歌している真面目なビルダー。マスターズもどんどん選手層が厚くなっているので頑張って。

6番目に大森 信利選手53歳。若い頃はコンテストで豪快な流れるようなポーズを披露していた大森さん。お酒好きの彼は腰痛で入院したものの酒で直してしまったようです。退院したその日にジムに来て練習し、「頭がくらっとしてアカンわー」と言っていたのをよく覚えています。最近は節制に節制を重ねて健康管理に勤めています。ボツボツ調子が出てきたのであの流れるようなポーズを20年ぶりに見せてもらいましよう。

7番目に俵 美紀男選手56歳。
その昔、盲腸と言うのに仕事が忙しく休めない、町、校区の役員で忙しい、と病院にもいかずガンガン練習を続けて、知らない間に直してしまった変なビルダー。来年くらいはこの強靭な身体を大会で披露してもらいたいものです。

8番目には三木 孝重選手53歳。三木さんもボディビルが何よりも好きというスクワットを愛する若いおっちゃん。多い日は日に3回もトレーニングしに来ます。来年はコンテストにも目を向けてもらって、その若い体を見せてもらいたいものです。
2005/09/01

全員50歳以上になりましたが、まだまだ元気で愉快な仲間たち、病気無しの元気な人生をおくっています。

どんどん元気な会員を紹介しますのでお楽しみに

mail

back

home

next

Copyright: American Health Club. All rights reserved