Himeji Art ひめじ 芸術 壁画 ペンキアート
缶 スプレー アート  ペンネーム Gyokunen
SPRAY CAN PAINT ART by MINORU NISHIKAWA

缶スプレーと筆を使ってベニヤ板、紙などに気軽に絵を描いて楽しむアートです
Paint art for a fun using spray cans and brush work


トップ
Top
フェスパック
FestPac2016
壁画・大絵馬
Mural
新作
New Work
ギャラリー
Gallery
ワークショップ
Workshop
アクセス
Access


◆新作◆New Work

2018/4/21 春の新作

正月よりトレーニング器具の製作で、絵を描くテーブルが溶接の鉄のテーブルに変わっていたので2ケ月間絵をかけなかった。
3月になり、明石で海苔製造の機械を作っている会社の社長に60年前の姫路の海苔作りの話をすると、
そんな写真が無いかなぁという話になった。写真は無いが、一年中で一番寒い時期に風の吹き抜ける市川の河原で海苔を干す光景は、
子供であった自分にとって強烈な印象があり、今でもはっきり記憶している。そこでその光景を絵に描いて社長にプレゼントしました。

4月1日にオープンしたパーソナルジム チェンジに器具を納めた関係で、お祝いの花を贈ろうと思ったが、近所に花屋が無かったので、
絵を送ることになりました。オーナーは赤い絵が好きだとの事なので、ジムの発展を願ってハワイの夜明け前の風景を描きました。

海苔づくり 80X60cm
ハワイのサンライズ 90X65cm
肖像画 20X30cmと60X80cm
姫路市立高浜小学校 91X182cm

4月9には、友人の紹介でお会いする事になった高校の校長先生からご自身とお父さんを描いて欲しいと依頼され、
一番苦手としている肖像画を2枚製作。ご自身が用意された立派な額縁に額装されました。

4月16日、老人会の役員さんより、終戦直後の高浜小学校の写真は残っていないかと相談があった。
今は鉄筋コンクリート4階建ての大きな校舎だが当時は木造。
私は勉強の記憶力は悪かったが、風景などは何十年前のものでも記憶している。
特に自分が通った学校の事は細かいところまで完璧に記憶しているので簡単に描く事ができました。

2017/10/30 西川 稔 個展 姫路中央病院にて10/31〜12/28

私の経営するジム「アメリカンヘルスクラブ」の目の前にある姫路中央病院1階ギャラリーにて個展を開催します。
10月31日から12月28日の長期にわたり、大型の作品から小型のものまで20点あまりを展示しています。
病院に展示しきれなかったものは、アメリカンヘルスクラブとなり、Feel the Breeze Gallary に展示します。
皆さんお誘いあわせの上ぜひお越しください。


こちらは町内会の文化祭(11/3〜5)に出品の作品。
3日(祝)にはペインティングの実演を予定。


2017/05/03 播磨科学公園都市「スプリングフェア2017」

水野かおりさんのMCでスタート 2枚目に挑戦中 4歳のため、床にて挑戦 4歳の龍一君のすごい完成度
朝の9時から夕方4時まで ピラミッドに挑戦 兄弟で仲良く歓声 朝から夕方まで
兄弟で挑戦 綺麗だ ひまわりの描き方に挑戦 指導が良いのかどんどん自分で 最後に1枚、主催者にプレゼント

5月3日、スプリング8のある播磨科学公園都市にて、光都プラザテナント会主催のフリーマーケット会場でライブペインティングをしてきました。

会場中央の舞台上で、フリマの買い物が目的のお客さんの中で皆さんが観てくれるか心配でしたが、朝一番のプログラムとしてスタート。
まず、私が絵を描くときに利用する道具を紹介し、その中で一番皆さんが興味を示したフライパンを使って一枚目の絵(45X60cm)
から描きはじめました。題材は大きな朝日とグアム島南部のアフォジョンベイの景色。
赤穂のインターネットラジオの女性MCのリードで私も観客も上手く乗せてくれ、約4分で仕上りました。
出来上がった物を50人位の観客の皆さんの前で掲げると「オー!すごい、キレイ」の大歓声に私の方が感激しました。

2枚目は毎年訪れるボディビルの世界大会の会場、ラスベガスのマンダレイベイ、ルクソール、エクスキャリバーの3つのホテルの風景。
これにも大きな歓声をいただきました。嬉しくなり、2枚の予定でしたが3枚目を描く事に。

最後は得意の渓谷の風景。最初は板の約半分を真っ黒にスプレーしたので、MCさんが
「こんな真っ黒で絵になりますか」と心配してくれましたが、MCさんと話しながら徐々に色を足して行き、
3枚目も完成。「すごい、雄大だ、気持ちが大きく、明るくなると』お褒めの言葉いっぱいで嬉しい実演でした。

最後に、主催者からの希望で、観客を舞台に招き、私が手伝いながら絵を描いてもらいました。
お母さんに勧められ上がってきたのは4歳の龍一くん。
絵を描くテーブルが高すぎ、缶スプレーのプッシュボタンが指の力不足で押せないので、
舞台の床にキャンバス板を置き、私が龍一君の指を押さえて挑戦してもらい、綺麗なピラミッドが出来上がりました。

私のライブペインティングの後、舞台ではギターを弾きながらの懐かしいフォークソングや、
シンガーのAIのバックダンサーを務める先生と、その生徒たちによるヒップポップダンスの熱演が続きました。

そんな中、私はフリマの一番良い場所をいただき、夕方まで子供達と共同で絵を描く実演を行いました。
舞台で挑戦した龍一君の影響か、昼から夕方まで多くの子供達が挑戦してくれました。
私がテクニックを教え、手伝いながらも自分で描き上げ、自分の名をサインして出来上がった絵に皆満足そうで、
絵を描くことに自信をもったなーと感じる子もいました。

最後に光都プラザテナント会の会長さんに、沼津の大瀬海岸より見た日本一の富士山の絵をプレゼントしました。

2017/02/25 カフェ壁画
2月末、ロードアイランドカフェ オーナーの依頼で店内の壁画を描いてきました。
カネチカット大橋 カネチカット島よりロードアイランド 街から朝日

姫路市内でカフェをオープンするオーナが初めて渡米して訪問したのがロードアイランド。
初めての外国の景色が印象的で、店のムード作りにと壁画をご依頼いただきました。

相談する中で、日本の最近の喫茶店からはかけ離れたイメージにしたい、アメリカの下町のムードを出したい、
ということになり、本場アメリカの60年代の風景を店舗内の壁ごとに描いてきました。

4.5mX2mが4枚、1.5mX2mが4枚を、寒い日が続きペンキの伸びが悪い中何とか描き上がりました。

2016/10/19 達磨大師
私がグアムに1970年の新婚旅行で仲良くなったベニーの姪が結婚した家の母がここイナラハンのMayor(市長)で45年前の市長には私がグアムでボディビルコンテスト開催の一番の力になってくれた人、それ以後、何人かの市長にもお世話になっていますが、今の市長の息子は50歳位で、亡くなりましたが、中学の頃、私の私の案内役でいつも、カバンいっぱいに入っている交換レンズのカバンを私より取り上げて、持ってくれ町中を歩きまわったものです。
この彼のお母さんドリス ルハンが4年前より、イナラハンで市長を務め、この11月には、アメリカ大統領と
同じ日の8日には再選を目指しています。
今年の5月の27ケ国が集まりグアムで開催された太平洋の芸術祭には私を参加出来るように推薦いただき、何かとお世話になり、グアム南部で有名な画家にしてくださった市長の再選を願い、必勝祈願の達磨大師の絵を今日10月19日の朝、描いてみました。
息子に選挙用の達磨、必勝の意味を英語でよく説明してもらった、説明も同封しました。

30年前、グアムの知事に群馬より必勝達磨を購入して、送りましたが、梱包で困って、送るのに昔は郵便か、
船会社しかなく困った経験があります。

今回はフラットで簡単、郵便局で普通にうけとってくださいました。


2015/12/25申の門松

 毎年この時期になると、門松を作ろうという気持ちになり、20年位前は竹を割って、麻縄で編み上げて鉢のようなものを作り、笹と松で下地を飾り、中心は綺麗な青竹の正式なものを製作していましたが、何時からか簡単に植木鉢に竹も斜めでなく、水平にカットしたものを作ったりしましたが、ここ10年くらいは、横着をしてトライしていませんでした。

 今年は12月に大絵馬に申の絵を描くので、1枚練習した申の絵が、たつの市へ行ったとき、駐車場の横において、大きな荷物を下ろしていたら、この申を学校帰りの子供達が最初2人、次お父さんと5歳位の子、次には20人位の小学生の集団が雑段をしながら眺めていたので、その場で嫁の実家の倉庫の壁に取り付けてきました。

 こんな事で、申の絵を何かの方法でと思いつき、雄ザルはネクタイ、雌ザルは蝶ネクタイを付けた絵を描き、百合の休眠中の鉢と花の終わったダリアのを鉢を使って松とはらんで
足元に緑に仕上げ、だいぶ正式のものとは違うが、正月に、皆さんが微笑んでくれる門松のようなものが出来ました。


2015/11/06掲載
先月、、3mX3mの壁に、アメリカのひまわり畑を描く事になりました。花を描がくのは初めてで、それもアメリカの広大な畑の絵で、
500か1000ケ描くことになりました、5時間位で筆を持った指が開かなくなった苦労もありましたが、まずまずの出来栄えに満足。
今度は、似顔絵に挑戦してみました。まず、大学の水泳部の後輩で、最近はボディビルで頑張っている、関西マスターズのチャンピオンの
中野君を描いてみました。
会員達がこれらの似顔絵を見て「これは誰」と良く聞いてくるので、誰でもわかる三船敏郎に挑戦しました。

女性の顔は初めての挑戦 大学の後輩 三船敏郎 マリリン・モンロー

2015/10/13掲載

10月10日と11日の2日間、姫路駅前の中心街、東二階町商店街とおみぞ筋の角の北側にこの秋オープンする
West Coast Cafe 「ひまわり」のエントランスに壁画を描いてきました。

「ひまわり」はロスアンジェルスで長年シェフをしていたオーナーの赤尾さんが、
本場アメリカで鍛えた大人気の鉄板焼きを食べさせてくれるレストランです。

赤尾さんが暮らしたロスアンジェルスの郊外のひまわり畑が店名の由来になっており、そのイメージどおりに、
ロスアンジェルス南部、Hemetの広い空の下に広がる田園風景の中で見たひまわり畑を、
幅3m.高さ3mの三角の壁いっぱいに描きました。

その上のレストラン入り口の壁には4mX3mのサイズで、ボディビルダーに人気のベニスビーチの風景。
太平洋を通して遥か遠くに日本を臨むイメージで描きました。

赤尾さんは、ホームページで、外国や、中学校の文化祭、小学校生徒と合作の絵や壁画を描いた写真を見て、
アメリカンヘルスに連絡くれました。
アメリカでは良く壁画を見る機会があったし、クリスマスの前などには、サンタクロースやクリスマスの絵を
レストランの窓に、描かせてくれと、若い絵描きが店に回ってきていたのを思い出し
店の階段にぜひ描いてもらおうと思ってくれていたそうです。

ローラーで空を 水平線。大きいので難しい 水平線に浮かぶ入道雲は指で 階段で足場無し、苦労したが完成
シンボルのひまわり 壁一面ひまわり。1000個以上? 5時間、ひまわりの花を描いた アメリカの山と空で完成

昔、アメリカで友人がレストランを開業したので祝いの花を持っていくことになったが、どんな花を持って行けば良いのか分からない。
私は花屋のおやじさんに、どんな花が良いか訪ねると「サンフラワーが一番だ」と教えてくれた。
全てのものを育てる太陽。店の開業にはこれが最高だと勧められた事を思い出しながら、

一日目は4時間かかって、1000ケ近いひまわりを描いた、指がつってくるのを忘れてひたすらひまわりを描きました。
山と空は20分で一日目は終了。
二日目はベニスビーチ。地元民やボディビルダーはマッスル(筋肉)ビーチと呼び、ボディビルダーが集まる所として有名。
ロス市はこのビーチを観光、ショッピング。グルメだけでなく、ボディビルジム、バスケット、バレー、ミニテニス、ローラーブレードなど
スポーツも楽しめるビーチとして整備しています。
ボディビルにはコンテスト用のステージ、観覧席まで作るほどの筋肉マンを意識した楽しいビーチの風景を描きました。


West Coast Cafe ひまわり
姫路市二階町84 水田ビル2F. 3F


オープン日程、連絡先は決定次第お知らせします

2015/9/17掲載
8月の始め、グアムの友人から、メイヤーのイベントに参加してホテルの壁画を描いてほしいと依頼があり、9月に入ってすぐグアムを訪問。
まず到着した日に、グアムの旗の図を、元の景色に戻した、1.1mX1.5mの景色を民家の壁に描いた。
次の日に、イナラハンガーデンホテルのロビーの壁の下見に行くと、支配人が何日滞在できるチケットを持って来たかと確認。
なぜかと聞くと、現地の画家に以前頼んだら2週間かかってマダ完成していないので、2週間は掛かると思っていた。
私の絵は、アメリカ本土の落書き小僧の発想なので、超特急で、描く練習をしているので
「このサイズなら遅くて5時間、3時間前後で完成させます」と言うと信じてくれませんでした。

支配人希望のイナラハン町の湾の奥から、ヤシの木の下から、教会、太平洋を望む景色7mX3mのサイズで、
11時に始めて、職員、近所の人が「何時、仕上がるの」と聞くので「2時頃だ」と言うと、食後15人位が集まってきて、
車を降りるなり、「ウォー ベリーグッド、ベリープリティー」と歓声を上げて褒めてくれました。

又、ベニヤ板に描いた下の絵は、ギャラリーの経営者が大変興味を持ってくれて
販売してくれる事になり、良いものは絵葉書にして販売してみるとの事
このような絵を約2週間の滞在中に34枚、ベニヤ板半分サイズ2枚、壁画2つ、合計38点、描いてきました。

グアムの旗のデザイン 旗のデザインを景色に戻してみた スタートより、1時間 仕上がった、イナラハン湾と教会
イパオビーチの夜明け 写真では有るが、絵では初めてと 小さくても迫力があるといってくれた 1枚頼まれ描くと、希望者殺到
今回はメイヤー主催のサイパン台風被害のお見舞い募金集めイベントへの友情出演が第一の目的だったが
友好的なチャモロの行為がいっぱいで、楽しい旅ができました。
近い将来、チャモロフェスタなる物を姫路で企画してみたいと、思うようになってきました。

2015/8/17掲載
アメリカン ヘルス クラブのジム主催の大会も7月6日に終り、少しは時間的にも、家の裏の倉庫にも余裕が出来、絵を描いてみようという気分になってきました。
下記の4点はどれも10分位で描いたものです。
今年も暑い日が続いているので、友人達から頼まれる絵は「涼しい感じのを頼む」とよく言われ描いています。

グアム東部の町
アガット
溪谷 富士山と林 夕焼けと漁船
2015/6/12掲載
先日、カリフォルニアの砂漠の入り口に住む友人より、原始時代の人々が生活していた様子を描けないかと問い合わせが有ったので
「描けるよ」と返事したものの、殺風景な山々、原始人など描いたことがありません。
こんな事で、早速、練習をしてみました。
左は死の谷でキャンプして、朝の5時ごろ、目を覚ますと東の空は曙。山々は霧に包まれ、自分は谷底にいるんだと感じた景色。
真ん中は、今まで一度も会った事も想像した事もない原始人の顔。教科書に出てきた北京原人を想像しなながら描いてみました。
最後は、1969年2度目のアメリカ訪問で、インターステイト5を北上していた時、田舎を見てやろうと死の谷の西側の谷を走っていた時に
見つけたViw Pointのサインにしたがって入って行き、車を止めて尾根に立ち渓谷を眺めると、200km位の範囲が一望でき、
私の人生で一度も眺めた事のない光景。
雄大な景色の谷底は紫色で、地面の色が温度、湿度等の関係なのか、吸い込まれる様な、今までに見た事のない美しい景色。
これは天国なのかと感じましたが、よく考えると、その場から50km位は誰もいないはず。
外国の山の中、心細くなり、車に飛び乗り、窓を閉めて、70km位西の洲道に急いで逃げ込みました。
幸せなような、怖いような、47年前に見た光景を思い出し描いてみました。
日中46度の砂漠のキャンプ場より 想像の原始人 勝手に決めた天国?
2015/4/22掲載
先日、台湾人の友人より龍の絵を頼まれ、60年位前に描いただけで最近、描いたことがないので、練習していたら
近所の会社社長がこの龍の絵を見て、これは良いわ、是非分けて欲しいというので、練習中の絵を持って帰った。
この後、3枚描いたのが下記の絵です。
風景画のように、スピードを上げる事は出来ないが結構スムースに描けるので、楽しい画題になりそうです。


2015/4/18掲載

春と言うのに、結構厳しい日が続きましたが、やはり春です。朝起床と同時に1枚描いていますが、
描き終わって筆やバケツを洗う時ぜんぜん冷たさを感じないいい季節になってきました。
季節に関係するのか、無心で書いてもグアムのローコーの間で一番人気のビーチ、
ハワイは1969年2度目のハワイでキャンプしたラニカイビーチ、
昨年訪問した台湾で一番興味を持った宣蘭縣の河の河口より、与那国島に近い島の景色になりました。
ノンビリと美しく、雄大な景色を思い出しながら描きました。
     グアム・イパオビーチパークより     オアフ島ラニカイの町の山より望む   台湾東部 ニ龍河河口より、大亀島を望む

2015/3/10掲載
50年前の学生時代、岡山出身と姫路出身ということで仲良くなり交流が続いている友人に富士山の絵を送りました。
玄関に飾ってくれていたのですが親戚中の人が「誰が描いたん?」と聞くので、「姫路の友達や」と言うとみんなが
「お城を描いてもらわんかいな」と言うとの事で、依頼された。
お城は瓦や窓などが多く時間が掛かるので、一番嫌いな題材ということで一旦断った。
しかし、何日かかっても待つので描いてほしいと言われ、イヤイヤ?描いた姫路城。
城だけで25分、前の森と石垣の上の桜は1分くらいで描けましたが、私には時間が掛かりすぎ。
姫路城の絵を送ると、お礼に瀬戸内国際芸術祭で有名な直島に2月25日招待してくれました。
その時に見た、フェリーが入港した宮浦港から瀬戸大橋と夕焼けを臨む風景と、
直島の東にある本村港から見る小豆島越しのサンライズを描きました。

  

2015/02/20掲載

2月19日、たつの市新宮町の西栗栖小学校の卒業記念作品の製作に協力してきました。
早朝に登校予定なので道路の凍結、雪を心配していましたが天気も良く、春を感じる最高の日となりました。
到着すると、校長先生を先頭に先生方が、作業台や絵を描く道具やカーペット、プルーシートの準備、
また缶スプレーを使用するので、色々な所をマスキングするのを手伝ってくださり、目標の9時45分には準備完了。

10時に体育館に入ると、全校生徒、先生、父兄の方々が迎えてくださり、教育委員会の方、市会議員の先生と私は前の席に案内され、
校長先生による紹介からスタートしました。、
今日の予定は皆さんに缶スプレーのテクニックを見てもらい、その後、今春卒業する生徒さん達の希望をとり入れたパネルの製作。
故郷の美しい景色を中心に、思い出の詰まった校舎、大きな夢、やさしい心、目標を持たせてくれる西栗栖の大自然を描き、
思い出を大いに詰め込んだ絵にするのが仕事です。

まず、全校生徒の前でフライパンを使って、ハワイのサンセットを書いてみました。一年生の小さな子も一番前で見ているので、いつもより低い
作業台での製作。いつもと姿勢が違うので少々やりにくいものの、5分位で出来上がったものを両手で胸の前にかかげると、「ウォー!」という
歓声と共に大きな拍手してくれ、生まれて初めての素晴らしい体験をさせてもらいました。
その上、生徒の1人から「ハワイに行ったことないのに、体育館の中にハワイの臭いがした」との感想をいただきました。
続いてピラミッドの絵を描いた時も凄い反応で嬉しくなりました。
デモンストレーション最後は板の3分の1を真っ黒に塗りつぶして、「失敗したかな」と言うと、心配してくれる生徒も居ましたが、
ここから深い森を描き、森の奥から水が流れて、小さな滝になり、古池に流れ込む風景を胸の前にかざすと、
「ウワー上手いこと出来た」と感激してくれました。ある女生徒は、「森の奥に宝石があるような気がした」といってくれました。

この後、本番の大きなパネルの製作開始。いつもは1人だが今回は20人位での製作、卒業生の皆の良い思い出になる絵に仕上げるのが
今日の私の役目。上手くいくか不安でしたがうまくまとまりそう。生徒たちにとっては慣れない作業でいつもの4倍くらいスローな進行状況
でしたが校長先生、6年生の先生にも一筆参加してもらい、最後に皆でサイン。
学校と西栗栖の大自然、6年間通った皆さんを育ててくれた全てを取り入れた大作は約3時間がかりで完成しました。
西栗栖小学校の皆さんありがとうございました。

<写真クリックで拡大できます>
まずは缶スプレーの実演 フライパンでハワイのサンセットを 卒業記念作品の構図と説明
班に分かれて参加 私も参加させて 完成した卒業記念作品
「ハワイに行ったことはないけど、ハワイ
の臭いがした」
「森の奥に宝石があるような気がした」 翌日の朝刊でも紹介されました

2015/01/26掲載

元旦、2日に富士山からの初日の出の景色を30枚描いて、3日ジムの初練習に来た会員さん達にプレゼントしました。
それ以後は、陶芸窯の熱線の張替えで作業台にスペースがなく、絵を描く場所がなかったので最近まで休みでした。
先週より、ABCラジオのアナウンサーの征平さんに富士山の絵を送ったら、富士山より孫と行った、グアムイナラハンの思い出のプールを
描いてくれと頼まれたので、300X450ミリのサイズに征平さんが孫達に格好をつけて、水泳選手らしく飛び出した絵にしました。大そう気に入って番組の中で、
この絵について、1月14日の「粋も甘いも」の中で話してくれました。
上の中央は50年前、学生の頃見た、静岡の茶畑と松林 210X300ミリ、そのとなりはアフリカの風景、想像で描いてみました100X150ミリ
下の絵は友人がハワイに行ったので、モロカイ島の景色の依頼で描きました。100X150でハガキ大のサイズ、ついでに同じサイズで日本の景色にも挑戦
最後は、偶然見つけた書き順で、短時間で出来栄えは最高、何回描いても自分でもいいナと感じる景色。サイズは210X300mm
最近はサイズは小さくなりましたが、サイズは小さいが、雄大な絵がかけるので楽しく描いています。

 ABCラジオの征平さんの依頼で描いた景色  静岡の茶畑 アフリカの夕暮れ

      ハワイの夜明けを頼まれTry       ついでに、日本の景色にも             山奥の池

2014/12/15掲載
剪画を取り入れた作品に挑戦

 最近、外国のボディビルダーに風景画をプレゼントすると、同じ絵で芸者の顔が10枚欲しいと頼まれ困っていました。
先月、招待を受けた姫路市立花田中学校の校長先生がされている剪画を思い出し、絵になるポイントと線を切り抜き、スプレーで
レイアウトを決めて、後は自分の感覚で仕上げて見ました。
今までの缶スプレーアートより簡単で気分良く描けました。
結構楽しく出来るので、何か絵になる物はないかナーといろいろ思案し、トラと金剛力士とシーサーに挑戦しました。


舞妓                   トラ                 金剛力士                シーサー
<画像クリックで拡大>

2014/11/25掲載
オータムフェスティバルin龍野に参加

11月22、23、24日の3日間、オータムフェスティバルin龍野に娘の陶芸作品と共に私の缶スプレーも参加しました。
会場は大手町の嫁の実家のお茶を販売する、春光園の事務所を片付けて、3坪位の広さの部屋で展示させていただきました。
今年は例年より3日間、全てが暖かく、晴れが続き、結構遠く三重とか岡山の人、神戸、明石からは毎年来てるという人にも何人もお会いしました。
今年は缶スプレーの絵だけで参加ましたが、何名かの人が、私の木工の作品を楽しみに来たと言う人が居ましたが。
特に木の葉の彫刻と八角のお盆、自然の木肌を生かしたお盆に興味を持っていたようです。

絵の方は、「上手になったね、いい作品が増えたな」と褒めてくれる人が増えたし、結構缶スプレーに関心を持ってくれてる方が増えたように感じました。
何名かの人に、「実際にこの場で、書いているところを見たい」と言われましたが、会場は狭く実現できなかったので、
次回は何かの方法でライブ・パフォーマンスを実現したいと思っています。

この絵の販売代金をフィリピンへのチャリティーに多くの方が協力してくださった事に感謝いたします。


2014/11/05掲載
花田中学校文化発表会で缶スプレーアート披露

 姫路市立花田中学校の文化発表会11月1日、土曜日に参加させて頂きました。
先月初め頃、校長先生がインターネットで缶スプレーアートのホームページを見つけ当ててくださいまして、
ボディビルと絵を描くギャップに興味を持っていただき、下絵も何も描かずにいきなりスプレーで絵を描く手法を生徒達に見せてやりたいという依頼があり、
参加させて頂くことになりました。
生徒、先生が250人位と父兄が100人位の前で、舞台中央で絵を描く手元も大きく見ることの出来るプロジェクターの
スクリーンも用意して頂き、演出も完璧。
私の持ち時間が50分で、予定として挨拶10分、140cmX91cmの特大の絵を30分必要、まずまずの出来栄えにしなければならないし、
1〜2枚は生徒の中から希望者に挑戦してもらう計画。
私の前の筝曲部の演奏が中学生とは思えぬ上手さで、凄いなーと思いながら、少し弱気で舞台へ
30人位のライブはやっても、舞台は始めての私には時間どうりやれるか少々不安がありましたがとにかくやりきりました。
時間の確認はしていませんが、進行の先生方も上手く行きましたといってくれたのでホッとしました。
飛び入りで、絵を描いてくれた二人もピラミッドの絵を結構上手に描いてくれました。
最後に、生徒会より感謝の言葉に花束までいただき、終わった後、体育館の外の日当たりの良い場所に置いていただき、目の前で生徒、父兄に観察していただき帰る前には7~8人の女生徒が{おっちゃんアメリカが好きなんヤ、私達もあんな絵描いてみるわ」と声をかけてくれて、この後、父兄達には
描き順や、黒い色何になるのか、絵の真ん中に棒みたいなもの描くから、あれやこれやと見ながら考えたと、叔父さん達は何になるんだろうと
隣の人と話していたそうですが、短時間で完成したは絵、良かったヨと言ってくださり、ホーとするやら嬉しいやらで
70歳の私は素晴らしい一日を体験することができました。
     

                              

校長先生希望のサイズの絵に挑戦

希望者にアドバイスしながら描いた絵

生徒会より感謝の言葉花束を頂きました

完成した絵

2014/10/6 掲載
グアムで壁画製作


  <クリックで拡大>
  9月19日金曜日の夕方、グアム北部の町デデドに住む友人が、私がいつもお世話になるグアム南端の町イナラハンに住む友人を訪ね、話の中で「ミノルはどうしているのかな?」となり、「ミノルはいつグアムに来るんだ」と電話がありました。冗談のつもりで、「来週」と言って電話は終わったが、ずいぶん訪問してないので軽く出た言葉だが気になり、連休の間の22日、月曜日に旅行代理店に電話しみると、今日中に代金を振り込めば25日の飛行機が予約OKとのこと。ということで急遽、久しぶりにグアムへ行くことになりました。

 今回は何も目的がない訪問。最近やっているペンキアートでもやってノンビリする予定なので、国際免許、電話も持ってなかった。到着して一番にハードウェア建築雑貨店にてペンキ、ベニヤ板などを購入。夕方には友人宅に到着し夕食の準備をしてくれている間に三枚の絵を描いた。

 道路脇で描いているので、地元の人が結構気になって、車を止めて見にやってくる。早速、メイヤー(市長)が車を止めて見に来てくれた。「オオ、素晴らしい」と気に入ってくれ、最近日本円にして約1億円で建設したイナラハンコミュニティーセンターの壁に壁画を描いてほしいとの依頼をもらった。「日曜日は閉館日なので、日曜日に描いてほしい」と言われたが、少し不安があったので特別に土曜日の夜、明けてもらいテストで描いてみると意外と順調。
この時に2.2mX1.5mのサイズも決定、この夜、自信を持って寝ることができました。
翌日曜日はファイト満々で挑戦。午前中2時間、午後1時間で、この町のシンボル、ベア ロック(熊岩)を描き、メイヤー希望のブルースカイで仕上げました。月曜日、確認に行って、メイヤー、役場のスタッフ、近所の方々が我が町の自慢をきれいに描いてくれたと、よろこんでくれましたのでホッとしました。

今回の旅でこの壁画を含め38枚の絵を描きました。気に入って買ってもらったり、この30年間で世話になった人にはプレゼントして4枚残っただけでしたが、心地よい、幸せを感じる滞在でした。
 10月2日の帰国前には、政治家が「事務所が出来たら電話するのでデカイ絵を描いて欲しい」と、もう1人警察の幹部が「部屋の壁に自分の町の景色を描いてもらいたい」との二つの依頼を受けて、絵を描く旅は終わりました。


私の絵に興味を持ってくれた大人と私の絵に挑戦する子供達
2014/8/4 掲載
7月の始からは工房を片付けてアメリカンヘルスクラブの会員の為の大会があった為に、
大道具小道具、賞品等がいっぱい集まり、工房は何もできなかったが。
今月に入り、工房を片付けて、今までとは少し違う、小さいハガキ大の板に
サイズは10X15cmの小さいスペースに雄大な風景を描くのに挑戦しました。
左より瀬戸内海の家島より、姫路を望む
グアム南部、イナラハン湾の奥より
グアム、デデドのツーラバースポイントの日の出
アメリカポートランドの東部、ヤキマインディアンのレザベーション内の溪谷

2014/7/4 掲載
40年前学生時代東京より、友の故郷の岐阜より、眺めた南アルプス、
兵庫県の西脇の北部、黒田庄、加古川の土手より、山村の曙風景
テレビで見た次の朝、アフリカのサバンナに立つバオバブの木に挑戦、
従兄弟の家のふすまの水墨画を見て、次の日、挑戦した大河の風景を描いてみました。


2014/4/1掲載
先月は器具の製作がいつもより多くあり、絵を描く台、缶スプレー、工具、筆の台が隣の倉庫に片付けてしまっていたので、描けませんでしたが。
3月30日、日曜日の夕方、やっとスペースが出来て、日曜日の夕食前、月曜と火曜日の朝食前にA4サイズの小さい絵に、
頭の中に残っている風景を思い出しながら挑戦中です。

まず、釧路の夜明けは、昨年挑戦した120X90の畳1枚の大きなものですが、今回の物はA4サイズの小さい物、
3年ほど行ってないサンフランシスコの隣町の景色、昨年始めて、訪問した紀伊長島の東北の松嶋にも劣らぬ美しい景色、
疲れていたので、リラックスしたいのかグアムの夜明けを無意識に描いていた。
春分の日、嫁の里を訪問、この時に見た景色に無理やり赤とんぼ、以前何度か通った三木市吉川の隠れた名所
黒滝を雄大に描きました。


釧路の夜明け

サクラメント

紀伊長島 古里

イパオビーチ グアム

たつの市 赤とんぼ

黒滝 三木
 
夕焼けの姫路城
 
深山溪谷

2014/2/20掲載
最近、知人のギャラリーの経営者より、「不思議な、西川さんの絵を是非、
内のギャラリーに飾って多くの人に見てもらいたい。」と話がありました。
絵は100枚位あるのでいつでもOK、オーナーは「少し温かくなり、皆が出やすくなる頃にセットします」との事で分かれたので
いつも景色ばかり描いているので、先週より達磨の顔、ジャンプするカジキマグロや登り龍等にもトライしています。


若き日の達磨大師

カジキのジャンプ

グアム ベアーロック


Copyright (C) Minoru Nishikawa. All rights reserved